過去の日記

更新を停止した過去の日記です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# イタリアよりの間違いメール(G-mailアカウントIDの不思議)
ども、 久々に更新です。

最近、ほぼ日刊でブログ再開させよーとか密かに思っているcrityです。



そういえば先日、イタリアから間違いメールがきました。

画像付きで、どこかへ旅行に行った時のものらしい記念写真がついてきました。

なかなか和んでしまう間違いメールですね。


そこで、自動翻訳サイトを駆使して返信しました。

エキサイト翻訳で「日本語→英語」
ライブドア翻訳で「英語→イタリア語」

一応、英語でチェックしてからイタリア語にしたので、そんなに大それた誤訳はないかなーと思っていますが果たしてうまく通じたかしら。



ちなみに送らてきたメールの宛名アドレスは、僕のアドレスとは微妙に違うものでした。

なのになぜ、メールが届いたのか・・・?

そこで調べたところ、どうやら僕の使ってるG-mailシステムは微妙に違ったアドレスでも、似たアドレスを同じIDだと認識して届いてしまうらしいのです。

ちょっと複雑なんですが

G-mailでは、アドレス=IDとなっており
ID(アドレス)を認識するシステムは、大文字/小文字やピリオドの位置/数の違いは認識できないらしいのです。

だから例えば「robot▲▲▲@G-mail」さんはシステム上

「ROBOT▲▲▲@G-mail」でも
「ro.bot▲▲▲@G-mail」でも
「Rob.OT▲▲▲@G-mail」でも認識されちゃうらしいです。

なので、微妙に違ったアドレスでも、似たアカウントIDを持っている人へメールが届いてしまうのです。

おもしろいでしょ?

「ちょっと待て!これじゃ似たアドレス同士で間違いメールが頻発しちゃうじゃないか!」

…と最初に思ったのですが、G-mailではID(アドレス)登録した時点で、それ以降は似たアドレスを登録することはできなくなるらしいです。

だから例えば

「robot▲▲▲@G-mail」を登録すると、それに似た
「Rob.OT▲▲▲@G-mail」みたいなアドレスを他の人が登録することはできなくります。

だから、似たアドレスが混在することはなくなるそうです。

ちなみに自分がG-mailにログインするときもアカウントIDの大文字/小文字やピリオドの位置/数を変えてもログインできるそうです。…だからどうしたって感じですが(^^;)

詳しくは下記の公式URLにかいてあります。


「G-mailヘルプ/他人宛のメールが届いた場合」


…というわけで、G-mailを使っている人にちょっぴり役立つかもしれない情報でした〜(^^;)。

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:44 | category: ネットとかwebとか |
Info

最新記事の下の広告はJUGEMブログの仕様で、私のオススメではないのであまり気にしないでください。

Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links